プロフィール

代表取締役

岩下 克己 Katsumi Iwashita

経歴

  • S.52.03.31  九州共立大学工学部建築学科卒
  • S.52.04.01 (株)ハウジング渕脇 入社
  • H.11.05.01 (株)ハウジング渕脇 取締役就任
  • H.13.11.09 (株)カナダプレイス 取締役就任
  • H.14.03.05 (株)ハウジング渕脇 取締役退任
  • H.15.04.01 (株)カナダプレイス 代表取締役就任

免許・資格

  • 一級建築士(一級登録大臣133043号)
  • 宅地建物取引主任者(鹿児島3674号)
  • 枠組壁工法耐火建築物設計者(登録番号 AFK01010)
    (社団法人 日本ツーバイフォー建築協会認定)

主な業績

1997年(株)カナダプレイスの前身会社である㈱ハウジング渕脇に入社後、ピーク時には年150棟以上の木造在来、鉄骨、鉄筋の営業、施工、設計全般に携わる。当時の施工技術ではクレームが散見されたため、アメリカ、カナダの工法であるツーバイフォー工法に目をむけ1985年カナダに渡り、1987年には鹿児島に第一棟目のツーバイフォーを建築する。その後、毎年2~3回アメリカ・カナダに渡り、技術の研鑽を積み、鹿児島への普及に努めてきた。1998年には、県内で輸入住宅促進協議会を発起し、県内の建設業者、不動産業者にツーバイフォーや輸入建材のルートを指導した。

親会社合資会社渕脇の民事再生法の適用を受けたあおりを受けて、住宅部門が閉鎖に追い込まれると、進行中の現場の完成、アフターを遂行するために、役員としてカナダプレイスを設立し、2003年には代表取締役に就任した。カナダやアメリカの在日大使館・領事館・州政府の外交官・職務管等、広い親交をもっており、各業界団体やメーカー等との交流も多い。
毎年主催するX’masPartyには領事や業界団体の代表を来賓としてお迎えしている。

ツーバイフォー工法の4階建ての商業施設建築が可能となった耐火建築物の認定により耐火建築物設計者登録がH.16年より開始され、鹿児島県第1号の資格取得に至る。
名実ともに県内では、ツーバイフォーのパイオニア的存在である。