カナダプレイス

TEL.099-206-0711

お問い合わせ・資料請求

スタッフブログ

Blog Archive

リフォームのご報告です②(住宅設備編)

Update 2014/12/15

こんにちは、リフォーム課からお知らせです。

さて、本日は鹿児島市内にあるY様邸のリフォームの完成のご報告です(*^_^*)

25年近く住まわれてきて、今回は浴室とトイレと洗面室のリフォームという事でお声を掛けて頂きました。

何度か図面プランの打合せや設備の仕様を決めていく中で、Y様ご夫婦の誠実なお人柄にも触れる事ができ、

これからのY様ご家族の生活を今より素敵に暮らして頂きたいと思い、今回お手伝いさせていただきました。

まず、浴室が既存ではタイルのお風呂でしたのでタイルと土間部分を解体する作業からです。

 

こんな感じです↓解体作業中         こんな感じです↓枠組施工途中   

スピードと正確さが命の解体作業。            写っていませんが、ベテラン2人組の
職人の方々に感謝です。                 大工の方々で作業しています。 

DSC00809                      DSC00843

解体して思ったのは、築25年という長い年月を経ていると柱や根太と言われる床組が傷んでいる事も多いのですが、

Y様のお宅は、床下の基礎から床組まで非常に状態が良かった事です。

通常、柱などの補修が追加で出てくることも多いのですが、今回は15㎝角の合板で

床を補強した程度でした。

解体が終わり、設備を取り外し既存の電気配線の絶縁作業が終わると大工工事です。

新設する壁の枠組をつくっていきます。

壁が途中まで出来たら、解体した空間にユニットバスをセッテイングします。 こんな感じです↓

TOTO:サザナ(1717:クレイドル浴槽・エアインシャワー等)

ユニットバス脚部分設置途中からの・・・      壁パネル装着!!

DSC00845          IMG_2196

 

まず思ったのは、なにより今の季節だから特に感じるのですが足元の冷たさをあまり感じないです。

あと、壁が1面アクセント+3面ホワイトなので色の効果なのか浴室がより明るく

スッキリしたように感じました。

次は、壁のクロスと洗面室床のクッションフロアの施工に入ります。

クロスも状態は良く、床は一部分に若干痛みがありましたが気になる程ではなかったです。

(下地補修をした箇所上部のみです)

内装工事が終わり、給排水設備設置工事です。洗面台とトイレはどんな感じでしょうか。

 

こんな感じです↓ 洗面台:LIXIL ピアラ(W900)   こんな感じです↓ トイレ:TOTOレストパル(スリム収納タイプ) 

IMG_2308            IMG_2315

設備機器を決めるにあたって、“やはり百聞は一見にしかず”と言う事で

Y様とご一緒に何社かショールームに足を運びました。

実際に目で見て触れて頂ければイメージやお客様に会った仕様が自然と決まってきます。

最後に、浴室の出窓部分をふかしてLIXILさんの『インプラス』という既存窓の内側に取付ける

断熱性のある窓を取付ました。

(ユニットバスの窓枠は通常のではなく『フリーサイズ窓枠』という特別注文の窓枠で作成しております)

DSC00757    DSC00850    DSC00873
    施工前↑        ユニットバス搬入後↑     インプラス設置後↑

既存の窓位置が計画プランと調整が取りづらかった事からの内窓の話だったのですが、

思いの外、断熱性能の効果が図れました。

インプラスの施工時間もメーカー側からは1時間と聞いていたのですが(それでも早いけど)、

30分程度で施工完了でした。

後日、Y様のご主人様と話しをさせて頂く機会がありその時仰っていたのは、

『迷ったけど、浴槽は足を伸ばして肩まで浸かれる方で良かった。洗面台も今の方がスッキリするよ。』

とのお言葉を頂きました。

Y様が良かったというTOTOさんのクレイドル浴槽。出始めて1年半くらいですが、9割くらいの確率で

ご主人様の受けが断然いいです。

“クレイドル”とは英語でゆりかごという意味との事。ぜひ皆様も、一日の疲れをゆりかごで癒してみませんか。

見積り等お気軽にお声掛け頂ければと思います。

カナダプレイスのリフォームも宜しくお願い致します(*^_^*)