カナダプレイス

TEL.099-206-0711

お問い合わせ・資料請求

スタッフブログ

Blog Archive

リフォームのご報告です⑦(コンクリートデッキ工事編)

Update 2015/01/30

こんにちは、リフォーム課・設計  福森です。

さて、本日は鉄筋コンクリート造のデッキ完成のご報告です♬

鹿児島市内にある、S様邸です。

高低差のある立地条件のお宅で、既存擁壁沿いにウッドテラスを設けていました。

長くご使用されていたのでテラスに傷みが出てきたのと、上のテラス部分を広くして

下部分を駐輪スペースにとのご希望から今回の運びとなりました。

今回のコンクリートデッキ工事の工程は、

【既存デッキ解体】→【足場施工】→【柱施工】→【スラブ施工】→【フェンス施工】

まず、既存のデッキを解体して足場を組んでいきます。

     施工前

IMG_0414
     解体後

IMG_0866
    足場施工中

IMG_0913

次は、柱を施工していきます。基礎部分になる所を掘削して、下地になる砕石を

入れて生コンを打設します。脚部分を入れて配筋を施工します。

その上から生コンを流します。

   脚部分基礎施工

IMG_0944
スラブに対して基礎が大きいので、かなり頑丈です。

   生コン流し済

IMG_0946
そしてスラブに入ります。木枠を組んで、生コンをかたどる木枠を組んでいきます。

  スラブ型枠組み

IMG_0959
ブロック+コンクリート打設

IMG_1043
スラブが土に乗る部分は、防蟻処理をしっかりしてあります。

ブロックを組んでフェンスをしたら、完成です。

     完成(*^^)v

IMG_1127
家が2×4で地震に強いので、バルコニーも負けじと鉄骨自体も通常より

太く頑丈にし、脚元の基礎も大きくしてあります。

そして、地震が来た際に家とバルコニーが押し合わないように擁壁や本宅との

基礎の間にエラスタイトと呼ばれる伸縮性の高い材料を挟んでいます。

このひと手間が工務店の知恵なんです。

    エラスタイト↓

エラスタイト
木材のデッキはメンテナンス(塗装等)や耐久性の面で樹脂製やコンクリートで

作成するデッキとでは、違いがでてきます。

立地条件や予算・ランニングコスト等にもよりますが、長い目でみたときは

コンクリートやブロック・樹脂製のデッキを施工した方が望ましいかと思います。

最近では、木の質感を出した樹脂製のデッキも多数でております(^◇^)

あと、建ぺい率などの法律も絡んでくるので、必ずプロに相談しましょう。

先週に引き続きイベントの告知です。

2月1日(日)の皇徳寺台のリフォーム大相談会のお知らせです。

引き続き参加予約承っております。ふるってのご参加お待ち申し上げております。

来場予約も承っております。

皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております。

1月チラシ表

1月イベントチラシ

見積りやリフォームのお問い合わせ、お気軽にお声掛けください。

カナダプレイスのリフォームも宜しくお願い致します(*^_^*)